患者さんのための相談窓口

患者さんの専用相談窓口

医療現場に穏やかさの想いを届けるスタジオレイ

患者さんの「元に戻りたい!」がダメなわけ

患者さんの「元に戻りたい!」がダメなわけは、病気のことを正しく知る担当医からの言葉。元には戻れない事実をゲットし、リスタートしよう生き直せる。

【医師、看護師に時間がないのはわかってる】患者から先生へのお手紙No9

【医師、看護師に時間がないのはわかってる】患者から先生へのお手紙No9。医療現場は、1日24時間の中で医師の優先事項と看護師の優先事項であり医師、看護師は、優先事項を守ってください。医師、看護師に時間がないのはわかってるし、患者さんは、見てい…

【患者さんが、医師に聞くことができないわけ】患者から先生へのお手紙No8

【患者さんが、医師に聞くことができないわけ】患者から先生へのお手紙No8。 医療機関内で医師の先生に話しかけられないわけを歴史上、医師の先生はいかにあったのか医療訴訟を受ける先生像は、医師のパターナリズムである。患者さんから医師の先生にお願い…

患者さんのためのペイシェント・アドボケートメンタリング|株式会社スタジオレイ

株式会社スタジオレイの患者さんのためのペイシェント・アドボケートメンタリング パラダイムシフトのとき。メンタルコントロールの第一歩は人は違い使う言葉で言葉のオペラント条件づけしてオセロ思考のメンタリング。カウンセリングとは何か?心理学とは何…

【リスタートラインに立たせて】患者から先生へのお手紙No7

【リスタートラインに立たせて】患者から先生へのお手紙No7。医師が告げる事実は患者さんと病気の関係を正しくする。人生のリスタートラインに立てるわけは生き直すため、そのためには患者さんは理解と納得が必要で巣から医師の先生にお願いする。

【医療の不確実】患者から先生へのお手紙No6

【医療の不確実】患者から先生へのお手紙No6。医療の不確実は診断は推論、医療は統計学が根拠。不完全な人間が何も知らない患者さんに医療の事実を患者さんの受容を促す。

【医療の誠意】患者から先生へのお手紙No5

【医療の誠意】患者から先生へのお手紙No5。医療の誠意とは、患者さんの本質を考慮し患者に寄り添いである。医療情報は医師の説明に勝てるものはない。これが医療の誠意。

うつ型線維筋痛症の患者さんのメンタリング

現在は、うつ型線維筋痛症の患者さんのメンタリング実施中。臨床現場の復活のスタートラインが大切である。病気の復活の道導、病気から復活するイメージ、患者さんの優先順位など復活のスタートライン立つためには、再発時の対応マニュアルを備えて復活のス…

【患者の5つの勘違い】患者から先生へのお手紙No4

患者の5つの勘違いの患者から先生へのお手紙No4です。患者の5つの勘違いと患者相談窓口の解釈を執筆。患者の気持ち、患者さんの一方的な勘違いは、医師の先生の医学的専門知識で修正できる。

心療内科にカウンセリングを求めちゃダメなわけ

心療内科にカウンセリングを求めちゃダメなわけは、カウンセリングを受ける理由と心療内科の診療報酬はマッチしていない。 心療内科ではカウンセリングではなく、問診で診断する正体は、診断基準だ。日本のカウンセリング実情は本質を追っていない。

【医師は人類の資産】患者から先生へのお手紙No3

患者から先生へのお手紙No3として、医師は人類の資産である。医学専門知識は、全身麻酔をした手術を7回以上経験した患者の言葉。一生懸命の術前説明が信頼の橋を架ける患者から医師へのフィールドバックは、先生の人生が穏やかでありますように。それが患者…

【臨床の不安、孤立感】患者から先生へのお手紙No2

【臨床の不安、孤立感】患者から先生へのお手紙No2として臨床の不安、孤立感を看護師の患者さんに対するアンケート結果を分析のペイシェントモンスター参考記事から考察した。 患者がモンスター化する要因、モンスターペイシェントをなくすための方法は、 患…

【愛の反対は憎しみではなく、無関心】患者から医師へのお手紙No1

患者から医師へのお手紙No1は、愛の反対は憎しみではなく、無関心をフォーカスしてみました。無関心の表れパターン場面ごとにした。アメリカの医療訴訟の実情よりなぜかなぜ内科医が訴えられるので訴訟を分析したところ、コミュニケーションが重要である。患…

患者からの医師へのお手紙

「患者からの医師へのお手紙」は、患者さんと医師の先生が、共に穏やかな医療現場を築くことへの提言です。 人の争いには、「どちらも不幸になる」が根底にあります。 争いを回避することがお得です。 みんなのために医療現場を穏やかにしましょう。

【次世代の医療3つの改正点】評価情報社会の医療

【次世代の医療3つの改正点】評価情報社会の医療とは? トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験という医療現場の苦悩の情報を受け、医療業の本質と基本的な経済論「シグナル効果」が大切である。

自分の死を考えるわけ

自分の死を考えるわけを考えるときには、人が死ねない7つの理由を思考の死ぬ苦しみ・痛みへの恐怖である。草食動物はもっと簡単、でも人間の世界は「生きる苦しみ」であり、命の期限、自分の死を考えるわけは、自分の未来イメージ構築し、ストレスフリーの…

なぜ高齢者は切れるのか?高齢者の抑制の方法

なぜ高齢者はきれるのか人の劣等感、優越感が関係する。 高齢者の抑制の方法とはなんとなく生きては危険!長老を目指す。

日本の死因の裏側

終末期は、どのように死を迎えるかの「死の質」。日本の死因の裏側及び推移の第3位肺炎の裏側にある介護現場の人殺し?介護現場の未来を生きる人は、終末期の価値観QOD「死の質」を考える。

患者の医師への信頼感:人の知識の自由化

医療現場のトラブルの医療現場のクレームで困っていませんか?患者と医師の関係は?患者と医師の人の信頼性は?患者は、今も違う!未来も違う。患者と医師の知識の自由化し、結語は、患者さんの話を傾聴するという姿勢。

【ガン患者さんに捧げる】余命を宣告されたら人生を生き直す方法

余命を宣告されたガン患者さんの人生を生き直す方法は、まずマインドフルネスで現実認識をして過去を捨てリスタートラインに立つ。ホスピスはダメなわけは残りを余命宣告を受けたガン患者さんはどう生きるか、病気を抱える意味、命の期限を与えられたことを…

インフォームドコンセントとはNo4:医療裁判のポイント

説明義務の重要なわけはインフォームド・コンセント修正してイメージを医療プロの営業マン・ウーマンにする。なぜインフォームド・コンセント定着しないのか?医師が提案し、決めるのは患者。株式会社スタジオレイのメインメッセージは、医療訴訟は、患者さ…

インフォームド・コンセントとはNo3:リーデング最高裁判例の分解

日本のエビデンス最高裁判例としてリーディング最高裁判例紹介。医療提訴ガイドラインは、インフォームド・コンセント・医療者を守るガイドライン。説明義務の重要なわけはそこが重要なポイントである。

インフォームド・コンセントとはNo2:日本のエビデンス

インフォームド・コンセント日本の未来は自己負担と医療訴訟から見ると理解が早い。日本のエビデンス(日本国の最高裁判例)の日本国憲法第13条に幸福追求権と自己決定権が定められています。日本の民法第643、656条文も根拠になる。

インフォームド・コンセントとはNo1:日本の誤解

インフォームド・コンセントとは世界共通ではない。特に日本のインフォームド・コンセント誤解している。歴史、生みの親を知り患者ファースト・患者支援は医師のためのものがわかる

在宅診療が良い理由:在宅医療レクチャーNo_03

株式会社スタジオレイの在宅診療が良い理由の在宅医療レクチャー。実は老衰は苦しくないし、「最期まで生き続ける」とは自宅で「有終の美」。在宅診療が良いわけ は自宅入院、在宅医療の家族編などお迎え現象、苦しまない最期となりスタジオレイの提言。

有終の美ピンピンコロリ:在宅医療レクチャー原稿No_02

株式会社スタジオレイの有終の美ピンピンコロリの在宅医療レクチャー。人間の尊厳を抑え日本医療の歴史を振り返り、患者さんは、有終の美(最期まで自分らしく生きる)。日本の終末期医療の現状として北海道の実話の引用と欧米の終末期を考察し寝たきりで生…

人の死とは:在宅医療レクチャー No_01

株式会社スタジオレイ在宅医療レクチャーが展開するテーマは、「人の死」。人の死ぬ瞬間イメージ人間の死とは?生きる苦しみと死んで神の元への死の瞬間説明。日本の終末期現状と欧米の終末期は違う。

終末期の心構え:在宅医療レクチャーNo_00

株式会社スタジオレイが展開する終末期の心構えの在宅医療レクチャー。受講者さん、コンテンツ、テーマ有終の美を飾るピンピンコロリンのご紹介。

神様は人が死ぬときにも安らぎを用意してくれている

神様は人が死ぬときにも安らぎを用意してくれている。現代の日本の最大の課題「老人の最期」が、社会問題としてあります。人の死は恐怖出なく、脳科学、お迎え現象、死の直前に3つの想いを知ったら恐怖感は消滅する。

患者さんが優先順位をつけると人生がひらけるわけ

患者さんが優先順位をつけると人生がひらけるわけは、人は、みんな患者を経験する。人は、精密機械より精密なので患者になる。患者さんの今を生きることは未来を生きること。高齢の患者さん、余命宣告を受けられた患者さん、未来を生きる若者の患者さんは、…