患者さんのための相談窓口

患者さんの専用相談窓口

医療現場に穏やかさの想いを届けるスタジオレイ

医療安全情報

【医療の不確実】患者から先生へのお手紙No6

【医療の不確実】患者から先生へのお手紙No6。医療の不確実は診断は推論、医療は統計学が根拠。不完全な人間が何も知らない患者さんに医療の事実を患者さんの受容を促す。

患者からの医師へのお手紙

「患者からの医師へのお手紙」は、患者さんと医師の先生が、共に穏やかな医療現場を築くことへの提言です。 人の争いには、「どちらも不幸になる」が根底にあります。 争いを回避することがお得です。 みんなのために医療現場を穏やかにしましょう。

【次世代の医療3つの改正点】評価情報社会の医療

【次世代の医療3つの改正点】評価情報社会の医療とは? トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験という医療現場の苦悩の情報を受け、医療業の本質と基本的な経済論「シグナル効果」が大切である。

患者の医師への信頼感:人の知識の自由化

医療現場のトラブルの医療現場のクレームで困っていませんか?患者と医師の関係は?患者と医師の人の信頼性は?患者は、今も違う!未来も違う。患者と医師の知識の自由化し、結語は、患者さんの話を傾聴するという姿勢。

インフォームドコンセントとはNo4:医療裁判のポイント

説明義務の重要なわけはインフォームド・コンセント修正してイメージを医療プロの営業マン・ウーマンにする。なぜインフォームド・コンセント定着しないのか?医師が提案し、決めるのは患者。株式会社スタジオレイのメインメッセージは、医療訴訟は、患者さ…

インフォームド・コンセントとはNo3:リーデング最高裁判例の分解

日本のエビデンス最高裁判例としてリーディング最高裁判例紹介。医療提訴ガイドラインは、インフォームド・コンセント・医療者を守るガイドライン。説明義務の重要なわけはそこが重要なポイントである。

インフォームド・コンセントとはNo2:日本のエビデンス

インフォームド・コンセント日本の未来は自己負担と医療訴訟から見ると理解が早い。日本のエビデンス(日本国の最高裁判例)の日本国憲法第13条に幸福追求権と自己決定権が定められています。日本の民法第643、656条文も根拠になる。

インフォームド・コンセントとはNo1:日本の誤解

インフォームド・コンセントとは世界共通ではない。特に日本のインフォームド・コンセント誤解している。歴史、生みの親を知り患者ファースト・患者支援は医師のためのものがわかる

「こころの架け橋」ペイシェントアドボケートとは

「こころの架け橋」ペイシェントアドボケートとは、世間で言われている患者支援患者サポートか?株式会社スタジオレイのペイシェントアドボケートは、病室のベッド上の魔物退治する「こころの架け橋」ペイシェントアドボケート。 患者さんには、メンタルコン…

癌になって余命宣告を受けた患者さんのペイシェントアドボケートとは

癌になって余命宣告を受けた患者さんのペイシェントアドボケートとは、余命宣告を受けた場合の考察として医師は患者のこころが苦手、優先順位、医学は魔法ではないことから、ペイシェントアドボケートが必要になってくる。

患者さんのQOLとQODについて

患者さんのQOLとQODについては、QOLとは、「生活の質」、QODとは、「死の質」患者さん・ご家族の方のお言葉から、真摯に「個人の価値と尊厳」を感情論抜きで悟ってほしい。

終末期医療を考えよう

みんなのことです。終末期医療を考えよう。終末期医療考察について株式会社スタジオレイの提言では、幸福追求権(基本的人権)を自分だったらこうされたいと考えます。

患者さんと医師の優先順位の取り扱い7つの方法

患者さんと医師の優先事項とは、人の取り扱いの基本である。患者さんの優先事項と医療側の優先事項は違う。優先事項の取り扱い7つの方法は、医療現場の最重要課題認識、違うことを確認する意識として患者に対して、家族に対して誰が確認できるのか?ペイシ…

インフォームド・コンセント法的根拠

インフォームドコンセント法的根拠は、生みの親はアメリカの司法。日本の法的根拠が最高裁判例により示されています。この背景には医師のパターナリズム、患者の人権がある。

【患者さんと医師が学ぶ】医療説明責任義務:最高裁判所判例から

患者さんと医師が学ぶ、医療説明責任義務:最高裁判所判例の考察。医療説明責任義務は、最高裁判所 平成18年10月27日判決「コイル塞栓術」つまり「未破裂動脈瘤手術」における担当医師の説明義務の事例研究のポイント、医療最高裁判例の事案概要を考察した。…

医師の先生は「診療契約」をマスターすると医療裁判受難は50%回避

診療契約を知知らないと損する。応召義務、診療契約締結:準委任契約(民法第656条)内の説明義務、善管注意義務、報告義務。末尾に株式会社スタジオレイの提言搭載。

医療水準論は医師の義務の解説

医療は、医師と患者さんとが、民法第656条の「準委任契約」を締結したことになる。そしてこの「準委任契約」には、いくつかの義務が生じるのです。その中の一つが「善管注意義務」。医師が、負うべき高度の注意義務の判断基準が「医療水準」なのです。

医師にしてはいけない人とは

医師にしてはいけない人とは、東京大学医学教育国際研究センターでは、医師にしてはいけない」学生を見付けるのが目的で、人の気持ちになれない人、人の話を聞けない人を面接で見つける。「医師が、人を診る」の考察が必要。

ドクターも医師も医療訴訟専門弁護士を選任した方が良いわけ

ドクター・医師も医療訴訟専門弁護士を選任した方が良いわけは、医療側は、最新鋭の医療弁護士ではなく、従来からの顧問弁護士であることが「医師に過失ないが、説明不十分」という判決を導く。医療裁判に強い弁護士の選び方は、現代の裁判の実情に沿った対…

訴えられる医師と訴えられない医師

訴えられる医師と訴えられない医師から考察した結果、医師が医療事故で訴えられるかどうかは、ミスを犯す回数とはほとんど関係ないし、腕のいい医師が何度も訴えられたり、たびたびミスをしても訴えられない医師がいる。医療訴訟は、医師が患者さんを人間扱…

医療裁判・医療訴訟考察

医療裁判・医療訴訟考察です。医療訴訟の実情を紹介しました。医療裁判実務の実態は、提訴された案件判断が困難なもの。でも患者さんの医療訴訟の勝訴率低いです。ペイシェント・アドボケートとして医療裁判は回避されることを推奨。

株式会社スタジオレイ企業情報

株式会社スタジオレイは、ペイシェント・アドボケート(患者さんの寄り添い)を提供。提供業務は、患者さんのセミナー、患者さんのカウンセリング・コーチング、患者さんのメンターシップ。医療の質・安全学会正会員としての患者さんのご相談窓口業務

医療安全情報

医療安全情報としてペイシェントアドボケートの役割、医療法学・医療訴訟考察で医療裁判を回避する情報、医療雑学で人と病気の情報発信する。