患者さんのための相談窓口

医療コンサルティング:人間取扱専門|株式会社スタジオレイ

医療現場に人の穏やかさの想いを届ける(株)スタジオレイ

患者スピーカー

【医療の不確実】患者から先生へのお手紙No6

【医療の不確実】患者から先生へのお手紙No6。医療の不確実は診断は推論、医療は統計学が根拠。不完全な人間が何も知らない患者さんに医療の事実を患者さんの受容を促す。

【医療の誠意】患者から先生へのお手紙No5

【医療の誠意】患者から先生へのお手紙No5。医療の誠意とは、患者さんの本質を考慮し患者に寄り添いである。医療情報は医師の説明に勝てるものはない。これが医療の誠意。

【患者の5つの勘違い】患者から先生へのお手紙No4

患者の5つの勘違いの患者から先生へのお手紙No4です。患者の5つの勘違いと患者相談窓口の解釈を執筆。患者の気持ち、患者さんの一方的な勘違いは、医師の先生の医学的専門知識で修正できる。

【医師は人類の資産】患者から先生へのお手紙No3

患者から先生へのお手紙No3として、医師は人類の資産である。医学専門知識は、全身麻酔をした手術を7回以上経験した患者の言葉。一生懸命の術前説明が信頼の橋を架ける患者から医師へのフィールドバックは、先生の人生が穏やかでありますように。それが患者…

【臨床の不安、孤立感】患者から先生へのお手紙No2

【臨床の不安、孤立感】患者から先生へのお手紙No2として臨床の不安、孤立感を看護師の患者さんに対するアンケート結果を分析のペイシェントモンスター参考記事から考察した。 患者がモンスター化する要因、モンスターペイシェントをなくすための方法は、 患…

【愛の反対は憎しみではなく、無関心】患者から医師へのお手紙No1

患者から医師へのお手紙No1は、愛の反対は憎しみではなく、無関心をフォーカスしてみました。無関心の表れパターン場面ごとにした。アメリカの医療訴訟の実情よりなぜかなぜ内科医が訴えられるので訴訟を分析したところ、コミュニケーションが重要である。患…

患者からの医師へのお手紙

「患者からの医師へのお手紙」は、患者さんと医師の先生が、共に穏やかな医療現場を築くことへの提言です。 人の争いには、「どちらも不幸になる」が根底にあります。 争いを回避することがお得です。 みんなのために医療現場を穏やかにしましょう。

終末期の心構え:在宅医療レクチャーNo_00

株式会社スタジオレイが展開する終末期の心構えの在宅医療レクチャー。受講者さん、コンテンツ、テーマ有終の美を飾るピンピンコロリンのご紹介。

患者スピーカー

株式会社スタジオレイの患者スピーカー業務で得られるもの脳内快楽感。患者さんのインタビュー、web記事制作、SNSサービス「Note」情報発信。