患者さんのための相談窓口

患者さんの専用相談窓口

医療現場に穏やかさの想いを届けるスタジオレイ

【次世代の医療3つの改正点】評価情報社会の医療

f:id:studio-lei:20171104120700p:plain

【次世代の医療3つの改正点】評価情報社会の医療とは?
トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験という医療現場の苦悩の情報を受け、医療業の本質と基本的な経済論「シグナル効果」が大切である。

医療現場の苦悩の情報

「トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験」のタイトル記事を見つけたので、現代社会の雑感を発します。

そもそも「医療現場は誰のものか?」という原点に帰ってみるとモヤモヤが晴れますよ。

病院は誰の物か?では、物の所有者は、経営者になると思います。

でも、「もの」と表現するなら空間、場面など物理的ではなく、機会を考えると良いと思います。

医療業の本質

日本の医療は、半分以上が税金で成り立っています。医療側と患者さんの関係は需要と供給の関係が本質だと考えています。

基本的な経済論「シグナル効果」

2001年にノーベル経済学賞を受賞したマイケル・スペンスによって提唱された「シグナリング理論」この概念は、情報を持たない者が、情報を持つ者に情報を開示させるように選別を行うことができるとする「資格、免許」で視認性を確保した経済論です。


よって、日本の「医師免許」を持っているとは、医学的専門知識を備えている人と国家が証明情報を発信している人です。
ただ単に医療の技術者とは異なる人であり、公共の福祉のため情報を持っていない民衆を導く人であります。

情報社会の医療

情報社会になっている現在は、秘匿性がどんどん小さくなっていることから、シグナル効果は変化していると思われます。

このような背景を知って、前例踏襲ではなく、情報社会にマッチした医療を展開してほしいと思います。次のような心構えは如何でしょうか。

次世代の医療3つの改正点

「患者さんは、よく知っている」という認識を持たれて、治療前の診療契約の際に3つの改正点

  1. 念入りに説明をする
  2. 患者さんに質問して要望を吸い上げる
  3. 患者さんの優先事項を傾聴する

のです。

この3つの事項を実施したら、患者さんとのすれ違いはほとんど消えます。

先生!今までの、時間配分は、もう止めませんか?

医療法人の倒産

医療現場は、「医療側と患者さん側の共同の現場」です。

患者さんが存在しなければ成り立たないのが医療現場です。

トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験

トラブル原因で「うつ状態」4人に1人が経験
【「患者からクレーム、妥当?」vol.2】

患者の非常識な言葉、若手編
レポート 2017年10月28日 (土)配信 m3.com編集部出典参照引用

 2017年9月20日 (水)~9月26日 (火)に実施したm3.com意識調査「患者からクレーム、妥当だと思う?」において、
患者トラブルにより、自身や同じ職場の医師やコメディカルが受けた被害について質問したところ、最も多かった回答は


1、「医師・コメディカルとしての自信をなくした」(28.6%)
2、次点が「ひどく落ち込み、うつ状態になった」(23.1%)
 職種別
「うつ状態になった」と
開業医(25.1%)
勤務医(25.3%)
看護師(29.7%)
開業医の13.6%が「ネットで中傷された」と回答した。


患者さんのご相談窓口

お電話にてご連絡いただける場合(毎日9時〜18時)

下記までご連絡ください。折り返しこちらからご連絡いたします。

代表電話:03-6759-9474


トップ画像引用元:freestocks.org, Unsplash