患者さんのための相談窓口

医療コンサルティング:人間取扱専門|株式会社スタジオレイ

医療現場に人の穏やかさの想いを届ける(株)スタジオレイ

終末期の心得のメンターシップ|株式会社スタジオレイ

f:id:studio-lei:20171122133758p:plain

誰だって死に逝くというものは怖いでしょう。
でも知ったら怖さが軽減するのです。
それは、ご自身の思考に加えるのです。生き物の死とは?を考えるのです。

素直に納得したら怖いものなど無いのです。

 

死ぬという事実をキャッチする

生き物は死を迎えたら、心肺が停止します。脳も死にますね。

この状態になったら「思考停止」です。痛くもないし苦しくもないのです。

「苦しかった、怖かった」の過去形を使えることは生きていたら。”たら”の話です。

人が死んだら振り返られない

 人が死んだら振り返られないのです。過去の話をする事は不可能です。死んだ後は思考が停止していますから感じない、思う事も考える事も出来ません。

この事実を素直に納得しましょう。納得しないならあなたは死ぬ前は恐怖に苦しみます。どっちがいいでしょうか?

 

終末期を迎えるセミナー

ガンで余命宣告された患者さん、高齢で食べられなくなった方及びそのご家族の方にメンタル(思考)を伝えるセミナーを用意しています。 

在宅医療で終末期の過ごし方のメンタル(思考)をお伝えできます。

患者さんが逝った直後に「ありがとうごぁいました。」と言える看取りのメンタル(思考)をお伝えています。

 

メンターシップのご案内

  • 形式は、出張形式です。依頼者の所まで行く方法を採用しています。人数は1人から対応しています。ただし、場所の設定は依頼者側が準備してください。
  • 料金は、60分30,000円で設定しています。
  • オンラインサービスとして一度セミナーを受けられた方専用でメッセージを利用した365日24時間対応のオンコールメッセージ対応が無料で利用できます。

患者さんのご相談窓口

お電話にてご連絡いただける場合(毎日9時〜18時)

下記までご連絡ください。折り返しこちらからご連絡いたします。

代表電話:03-6759-9474


トップ画像引用元:rawpixel.com Follow , Unsplash