患者さんのための相談窓口

医療コンサルティング:人間取扱専門|株式会社スタジオレイ

医療現場に人の穏やかさの想いを届ける(株)スタジオレイ

患者さんの永遠のテーマは、生き直し

f:id:studio-lei:20171216100750p:plain

患者さんの永遠のテーマは生き直しである。このときには患者さんの優先順位、患者さんの現状と問題点と患者さんの生き直し方法でクリアーになる

患者さんの優先順位

近日中、いろんなことがありました。

近所の酒飲み友達のパパ友が、すい臓がんで逝ってしまいました。

古い友人に久しぶりに会ったら、難病指定の進行性肺の病気にかかっていました。

どちらの友も50歳代です。子育てが終わったばかりです。

人生100年時代などと言われていますが、50歳代になると身体は壊れ始めます。

子育て世代は子育てするために働いていましたが、子育て終了した時は何を優先して生きれば良いのでしょうか?

  • 自分の過去と現在を追っている
  • 生きる理由を考えることは今だけ
  • 未来を修正できるのは患者さんになった今

と考えます。この中で「自分が生きる理由」を考察してみても良いと考えます。

患者さんになったら、「なんとなく生きていられない」の状況ですから。

患者さんの現状と問題点

人間は過去に生きています。経験から得た知識で生きています。

そして、人間は変われない生き物です。

いくら余命宣告を受けても変わろうとしません。

悲しいことに、人間は「なんとなく」生きます。

でも、患者さんになったら、生き直しができるチャンスです。

人生をリ・スタートできます。

患者さんの生き直し方法

今まで生きてきた経験は使えないこともあるでしょう。

ピンチはチャンスです。発症してお得感持てたら良いですね。

でもこの「生き直し」ということは受け入れが困難ですね。

自分の背中を押してくれるのは「崖っぶちに立つ」のです。過去を強制的に断つのです。

そうしたら、自然に生き直せますよ。


患者さんのご相談窓口

お電話にてご連絡いただける場合(毎日9時〜18時)

下記までご連絡ください。折り返しこちらからご連絡いたします。

代表電話:03-6759-9474


トップ画像引用元:Cam Adams Follow , Unsplash